www.southphillysilly.com

クレジットカードを契約していると通常は、カード会社から利用代金明細が送られてきます。それらの利用明細書を見ればどの店舗でいつ頃何の品にクレジットカードでどれくらい消費したのかというような細かな内容が記載されているため、以前に使って払った履歴を見るのが本当に明快で便利です。代用は目的から外れるため難しいと思いますが、便利な収支記録のような感じとして見ることも可能なので節約にももってこいです。それにいま言ったクレカ利用明細の通知があってからだいたい半月ほどで決済金額の引き落としが実行されます。手元の明細書を注意していてあれ?と思うようなおかしなリスト、例えば申し込んでもいないサービスが明細に載っていたら、フリーダイヤル等に連絡して確認すればいいだけです。たとえ盗用カードによる詐欺などといった正当でない決済が判明したような時でも、クレカユーザーにミスがない時には、大多数の事例ではクレジットカード会社がそれらの異常な決済をリストからはずしてくれます。近頃ではこのクレジットカード利用明細をネットで見られるカードが一般的です。常にどのショップでいくらで購入したかを注意しておくようにして不正使用から身を守るのはもちろんのことカード利用の成績表ともなり資産管理なども一つでできてしまいます(インターネットでクレジットカードの履歴を参照できるブランドは前の利用履歴やリボ払い適用の有無なども閲覧可能です)。クレカはカード利用そのもの以外ことから見ても非常に力になる武器になっていると言えます。